ミズノフットサルプラザ フットサルとサッカーの違い フットサルディクショナリー

MFPトップ > フットサルディクショナリー > フットサルとサッカーの違い

サッカーとの違い

フットサルと11人制サッカーの違い

フットサル サッカー
4号球(ローバウンド)
ボール
5号球(U-13以上)
ピッチサイズ:20m×40m・ゴールサイズ:2m×3m
ピッチサイズ・ゴールサイズ
ピッチサイズ:68m×105m・ゴールサイズ:2.44m×7.32m
5人
競技者数
11人
自由(交代要員は7人まで)
交代
アウトオブプレーの時、審判の承諾を得て交代は3人まで
キックイン(ボールがタッチラインを超えとき)orゴールクリアランス(ゴールキーパースロー):攻撃側がボールをゴールラインから出したとき
プレーの再開
スローイン(ボールがタッチラインを超えたとき)orゴールキック(攻撃側がボールをゴールラインから出したとき)
20分ハーフ(プレーイングタイム)
競技時間
45分ハーフ(ランニングタイム)
タイムキーパーが時計(プレーイングタイム)
タイムキーパー
主審が時計(ランニングタイム)
各チーム前後半各1回1分間
タイムアウト
無し
主審+副審(ほぼ同じ権限)
レフェリー
主審+副審2人(アシスタントレフェリー)
無し
オフサイド
有り
ショルダーチャージ、スライディングタックル禁止(6つ目の反則からは第2ペナルティーマークからの直接フリーキック)
ファール
バックからのボディコンタクトは禁止(反則地点からのフリーキック)
2分後に補充
退場
補充できない
手はもちろん足でも扱えません
GKへのバックパス
足で蹴られたバックパスは手で触れない
猿の主審がイエローカードの画像
ルールのポイント
ルールポイント@ チームの反則の合計が5つになると6つ目の反則からは第2ペナルティーマークからの直接フリーキックになり、しかも守備側は壁を作れません。
ルールポイントA スローインの代わりにキックイン、ゴールキックの代わりにゴールクリアランス(ゴールキーパースロー)
ルールポイントB スライディングタックル、ショルダーチャージが認められません。

フットサルコートの詳細

国際試合のピッチサイズは28〜42×18〜22
□はコーナーおよび第2ペナルティーマークから5cmの目印のポイント (正式なピッチ上のマークではありませんが、コーナーキックおよび第2PKの相手競技者の位置の矢印として用いられます)
フットサルコートの詳細
フットサルコートの詳細
フットサルコートの詳細

4秒ルール

FK、キックイン、コーナーキック、GKのインプレー中のボールリリースについては、4秒を超える時間をかけてはならない(相手の間接FK)
キックオフ、ゴールクリアランス、第2PKからのFK、PKについては規定されていない。

キックイン&ゴールクリアランス

●キックイン
サッカーのスローインに代わるもの。
ボールをライン上に静止させる。
立ち足はライン上またはラインの外に置く。
相手競技者はボールより5m以上離れなければならない。

●ゴールクリアランス
サッカーのゴールキックに代わるものでスローをする。

反則&反則の累積

基本的にはサッカーに準じるがショルダーチャージとスライディングタックル(GK含む)は禁止。
ただしスライディングそのものは、反則ではない。
チームの反則が5つ蓄積すると、6つ目の反則からすべてセカンドペナルティーマークから直接フリーキックが相手に与えられる(ただし、累計対象となる反則はFKとなったもののみ)
この場合、守備側は壁を作れない。

フットサルディクショナリーの目次へ


Copyright (C) 1999-2010 ミズノスポーツサービス All Rights Reserved.