ミズノフットサルプラザ MFPローカルルール フットサルディクショナリー

MFPトップ > フットサルディクショナリー > MFPローカルルール

フットサルルール

MFPローカルルール

ミズノフットサルプラザが主催する大会では、
エンジョイ志向のローカルルールを取り入れています

競技時間

大会によって異なるが、基本的には前・後半それぞれ7分でインターバルはコートチェンジのみとする。

プレーの開始及び再開

試合前のエンド又は、キックオフの選択は『ジャンケン』に、勝ったチームがどちらかを選択できまる。
キックオフでの、ファーストタッチゴールは認められている。(ファーストタッチは前方に蹴り出さなければならない)

反則

ショルダーチャージとスライディングタックルは禁止です。
違反した場合は、相手チームに直接フリーキックが与えられる。
ただし、GKに限り自陣ペナルティーエリア内の正当なスライディングであれば認める。
(スライディングそのものは反則ではありません)

反則の累積


反則の累積は基本的にカウントしません。
全ての試合がフェアプレーで行われる事を前提にしています。

PK戦時の条件、勝敗決定法

試合終了時にコート内に入っていた選手5名がPK戦のキッカー対象となる。
(特・改) 注:ベンチの選手交代は出来ません。
トーナメント戦での同点だった場合、準決勝まではサドンデスのPK戦で勝敗を決定します。
決勝戦で同点だった場合は、5分間の延長Vゴール戦(前半・後半なし)を行い勝敗を決定します。
それでも決着がつかなかった場合は、3名によるPK戦で勝敗を決定します。
4人目からはサドンデスで行う。
(特)5名蹴り終えても決着がつかない場合は、再び1番目に人から蹴る。
(特・改) 注:ベンチの選手は蹴る事は出来ません。
フットサルディクショナリーの目次へ


Copyright (C) 1999-2010 ミズノスポーツサービス All Rights Reserved.