ミズノフットサルプラザ フットサルQ&A フットサルディクショナリー

MFPトップ > フットサルディクショナリー > フットサルQ&A > 間接フリーキックってなに?

フットサルQ&A

間接フリーキックってなに?

間接フリーキック

間接フリーキックは、主に、ゴールキーパーが違反を犯した場合、相手チームに間接フリーキックが与えられます。
  1. ゴールキーパーから出されたボールがハーフウェーラインを超える前、又は相手側の選手にボールが触れる前に、味方選手のボールをゴールキーパーが受ける。(バックパス)
  2. 味方選手の意図的なキックによる、ゴールキーパーへのパスを手で触れること。(バックパス) 注:味方選手のキックインからのボールも同等の反則になる。
  3. ゴールキーパーが4秒を超えて、自陣でボールを手または足でコントロールしている時。(4秒ルール) 注:相手ハーフ内で、ボールに触れたり、コントロールしている時は除く。
上記以外でも審判が違反を犯したと判断した場合、間接フリーキックになるものは、
  1. 危険な方法でプレーする。(デンジャラスプレー、ハイキック)
  2. ボールをプレーしていないとき、意図的に相手の前進を妨げる。(オブストラクション)
  3. ゴールキーパーがボールを手から離すのを妨げる。
  4. 選手を警告、あるいは退場させる為にプレーを停止する違反で、これまでに規定されていないその他の違反を犯した場合。
『間接フリーキック』の反則は、違反の起きた地点から行います。
ただし、その地点がペナルティーエリア内の場合、違反の起きた地点に最も近いペナルティーエリアライン上から間接フリーキックを行います。

審判からの一言

試合中に選手が自分で反則と判断し、プレーを止めないようにしましょう。
反則の判断は審判が判断しますのでプレーをつづけて下さい。
平等かつ円滑に試合のコントロールを心掛けています。
ミズノフットサルプラザ審判長

フットサルディクショナリーの目次へ


Copyright (C) 1999-2010 ミズノスポーツサービス All Rights Reserved.