ミズノフットサルプラザ フットサルQ&A フットサルディクショナリー

MFPトップ > フットサルディクショナリー > フットサルQ&A > どんな時にフリーキックできるの?

フットサルQ&A

どんな時にフリーキックできるの?

フリーキックの種類と判断

まず始めにフリーキックには「直接フリーキック」「間接フリーキック」の2種類があります。
そして、その2種類のフリーキックは、審判のジェスチャー1つで『直接フリーキック』なのか『間接フリーキック』なのかを判断することが出来る方法があります。

「直接フリーキック」の場合は、審判が腕を斜めにキックを行う方向に向ける。
「間接フリーキック」の場合は、審判が腕を真上に上げている。
(キックを行って、他の選手に触れるまで腕は上げたままです)

直接フリーキック

では、『直接フリーキック』について説明していきます。
直接フリーキックには、主に6項目の反則がありますが、この項目は不用意に、また無謀に、あるいは過剰な力で犯した時、審判の判断によって相手チームにフリーキックが与えられます。
  1. 相手選手を蹴ること。(キッキング)
  2. 相手選手をつまずかせる。(トリッピング)
  3. 相手選手に飛びかかる。(ジャンピングアット)
  4. 肩によるものも含め、相手をチャージする。(ショルダーチャージ)
  5. 相手選手を打つ。(ヒッティング)
  6. 相手選手を押す。(プッシング)
上記以外の反則をした場合でも、直接フリーキックになるものは、
  1. 相手選手を抑える。(ホールディング)
  2. 相手選手にツバを吐きかける。(スピッティング)
  3. プレーしている相手選手に向かって滑り込む。(スライディングタックル)
    ※注:相手選手が近くにいない場合のシュートブロックのスライディングに関しては、スライディングタックルでないので反則にはなりません。
  4. ボールを意図的に手で扱う。ただし、自陣のペナルティーエリア内のゴールキーパーを除く。(ハンドリング)
『直接フリーキック』の反則は、フットサル特有のルールである「5ファール」に累積される反則です。 ミズノフットサルプラザローカルルールでは反則の累積は採用していません。

審判からの一言

試合中に選手が自分で反則と判断し、プレーを止めないようにしましょう。
反則の判断は審判が判断しますのでプレーを続けて下さい。
審判員は平等かつ円滑に試合の進行を心掛けています。
ミズノフットサルプラザ審判長

フットサルディクショナリーの目次へ


Copyright (C) 1999-2010 ミズノスポーツサービス All Rights Reserved.