ミズノフットサルプラザ フットサルQ&A フットサルディクショナリー

MFPトップ > フットサルディクショナリー > フットサルQ&A > サッカーとフットサルの選手交代の違いは?

フットサルQ&A

サッカーとフットサルの選手交代の違いは?

サッカーとフットサルの違い(選手の交代)

サッカーでは、選手交代を行う際、必ず大会本部へ申告し、プレーが止まっている時に主審の許可を得てはじめて選手交代ができます。一度交代した選手は試合に再出場できません。

フットサルでは、いつでも主審の許可なしで、何度でも選手交代ができます。
もちろん、インプレー中も選手交代可能です!

選手交代の際のルール

選手交代時の幾つかのルールを説明します。
交代は自陣のベンチ前にある交代ゾーンからのみ認められます。
交代する時はピッチ上にいた選手が完全にピッチを出てからになります。
ピッチ上にいた選手が完全に交代ゾーンからピッチの外に出る前に交代要員がピッチに入ってしまうとピッチ上に入った選手が警告の対象になってしまいますので気をつけましょう。
一瞬でもピッチ内に1チーム、6人になってしまうから、反則になります。
例外で、試合中に選手が怪我をした時は、その状況によりますが主審の指示により怪我した選手は交代ゾーン以外からの交代(退場)が認められます。
GKの交代につきましては、ゴールキーパーの交代をご覧下さい。

審判からの一言

選手交代の際の警告で試合に出場できなくなる事もあります。
反則の中で最もつまらない反則なので皆さん気をつけましょう!
ミズノフットサルプラザ審判長

フットサルディクショナリーの目次へ


Copyright (C) 1999-2010 ミズノスポーツサービス All Rights Reserved.