ミズノフットサルプラザ フットサルQ&A フットサルディクショナリー

MFPトップ > フットサルディクショナリー > フットサルQ&A > バックパスの反則って?

フットサルQ&A

バックパスの反則って?

試合が行われているインプレー中・ゴールクリアランス(キーパースロー)でGKから出されたボールが自陣内で相手プレーヤーに触れる事なく、直接味方プレーヤーから戻されたボールをGKが触れてしまった場合に「バックパス」として反則を取られます。(GKの体に触れても反則)

バックパスの反則を取られない例

  1. GKから出されたボールがハーフウェイラインを越えた場合。
  2. GKから出されたボールがハーフウェイラインを越える前に相手選手に触れた場合。
  3. タッチラインを割った場合やフリーキックなどのリスタートの場合。
こうした場合に限りGKに返してもOK!
但し、この時に手で扱った場合は、バックパスとなります。

反則を取られたら…

  1. GKがボールに触れてしまった時、相手チームの間接フリーキックになります。
  2. ペナルティーエリア内であれば、ボールに触れた地点から最も近いペナルティーエリアライン上からの間接フリーキックになります。ペナルティーエリアの外であればそのフィールドの地点からの間接フリーキックとなります。
  3. その時、守備側は相手のキックイン位置より必ず5m以上離れなければなりません。
    GKも同様です。
※その後のプレーでGKの自陣内でのボール保持は4秒以上出来ないので注意!!
ミズノフットサルプラザ審判長

フットサルディクショナリーの目次へ


Copyright (C) 1999-2010 ミズノスポーツサービス All Rights Reserved.