ミズノフットサルプラザ フットサルQ&A フットサルディクショナリー

MFPトップ > フットサルディクショナリー > フットサルQ&A > 4秒ルールってなに?

フットサルQ&A

4秒ルールってなに?

4秒ルールについて

4秒ルールはキックインに次いでとても多いファールと言えます!
では、「4秒ルール」とは一体なにか??
サッカーのスローイングやゴールキックには何秒以内にリスタートを行わなければいけないとは、ルール上は明確にされていません。
しかし、フットサルでは4秒以内にリスタートを行わなければならないというルールがあります。
これは少しでも試合の進行をスムーズにするためのルールだといえます。
4秒ルールは、キックイン、ゴールクリアランス(キーパースロー)、コーナーキック、フリーキック(間接、直接)、その他にゴールキーパーがボールを保持している時も適応されます。
キーパーが自陣でボールを4秒以上保持し続けてはいけません。一度でも相手にボールが触れた場合やボールがラインを割った場合は、最初からカウントを始めます。

4秒ルールをカウントするタイミング

では、『いつから4秒を計っているの??』と皆さん思っていませんか??
答えは・・・基本的にリスタート出来る体制から4秒をカウントしています。
その際に審判も選手に声をかけたり手を上げてカウントを始めます!もちろん例外もあります。
リスタートする際に相手選手が5m以上離れていない場合、審判が相手選手に指示している時はカウントされません。
ですが明らかに蹴れる状態でボールを保持していたりすると、その時点からカウントされます。
4秒過ぎてしまうと反則になってしまいますので、みなさん気をつけましょう!!
ミズノフットサルプラザ審判長

フットサルディクショナリーの目次へ


Copyright (C) 1999-2010 ミズノスポーツサービス All Rights Reserved.