ミズノフットサルプラザ こうして練習しよう フットサルディクショナリー

MFPトップ > フットサルディクショナリー > こうして練習しよう > 熱中症に気をつけよう

こうして練習しよう

熱中症に気をつけよう

練習をする前に・・

睡眠不足、風邪気味、栄養不足、体調不良の方、この時期は熱中症に注意をして下さい。
『自分は大丈夫とおもっている』人ほど熱中症になるので気をつけよう!

熱中症とは・・

「熱中症」は日射病や熱射病などの総称で高温下での運動や労働の際、発汗機構や循環系に異常をきたして起こる病気です。
体温上昇、発汗停止とともに虚脱・けいれん・精神錯乱・昏睡などを起こし、生命の危険を伴うこともあると言われています。

人間は下の2つで体温調節を行っています

(1) 皮膚の表面から空気中へ熱を放出する
(2) 汗をかき、その汗が蒸発するときに熱を奪うはたらき(気化熱)を利用する

熱中症が起きる理由

体温よりも気温が低ければ、皮膚から空気中へ熱が移りやすく、体温の上昇を抑えることができます。また、湿度が低ければ汗(乾燥している状態)をかくことで熱が奪われ、体温を上手にコントロールすることができます。
しかし、気温が体温より高くなると、空気中への熱の放出が難しくなるため、体温調節は発汗だけに頼ることになります。
ところが真夏日によくあるように、気温が高いばかりでなく、湿度も75%以上になると、汗をかいても流れ落ちるばかりでほとんどが蒸発しなくなります。
そのため、発汗による体温調節すら事実上できなくなってしまう場合もあります。
また、体温が37℃を超えると皮膚の血管が拡張し、皮膚の血液量を増やして熱を放出します。しかし、このとき体温がさらに上昇し、発汗などによって体の水分量が極端に減ると、今度は心臓や脳を守るために血管が収縮してしまうため、ここでも熱が放出できなくなってしまうのです。
熱中症は、こうして体温を調整する機能がコントロールを失い、体温がグングン上昇してしまう機能障害です。実は、炎天下ばかりでなく、室内で静かに過ごしていても起こり得ます。実際、高齢者が室内で熱中症になって倒れているのを発見されるというケースも少なくないと言われています。

では、どうやって予防すればいいの?

(1) 体調を整える
(2) 服装に注意・・通気性の良い物を着用するようにする。
(3) こまめに水分補給・・「のどが乾いた」と感じたときには、すでにかなりの水分不足になっていることが多いです。定期的に少しずつ水分を補給しましょう。特に夏場は汗と一緒に塩分が失われるので、0.1%程度の塩水もしくはスポーツドリンクを飲むことをオススメします。
(4) 年齢も考慮して下さい。

もし熱中症になってしまったら、対処法は?

(1) 涼しい日陰やクーラーの効いた室内などに移動する。
(2) 衣類をゆるめて休む。
(3) 体を冷やす。
(動脈[太い血管]が通っている所を氷などで冷やす。後頭部や太腿[大腿部]など)
(4) 水分を補給する。

症状が回復しても必ず病院へ。回復したつもりでも体内に影響が残る場合や、再発のおそれもあります。熱中症になったら回復した後でも必ず病院で診てもらいましょう。

熱中症は夏だけの病気ではありません。

激しいスポーツや重労働の場合は季節を問わず、いつでも起こり得ます。
例えば冬に暖房のよく効いた室内で厚着をしていて起こる場合もあります。
熱中症が危険なのは、自分では「ちょっと体調が悪い」「少し気持ちが悪い」程度と思っている間に症状が進んでしまうケースがあるからです。
周囲の人の気遣いに「大丈夫」と答えたすぐ後に倒れてしまう事もよくあります。
毎年、被害が後を絶たないのは、自分で気づきにくい、または「たいしたことはない」と感じてしまうことが多いからです。
炎天下や暑い場所に長くいる間は、自分で気をつけるのはもちろん、周囲の人間同士で気をつけ合うことが何より大切です。

フットサルディクショナリーの目次へ


Copyright (C) 1999-2010 ミズノスポーツサービス All Rights Reserved.