ミズノフットサルプラザ こうして練習しよう フットサルディクショナリー

MFPトップ > フットサルディクショナリー > こうして練習しよう > インサイドキック

こうして練習しよう

基本のインサイドキックをマスターしよう

写真1:足の内側(インサイド)でボールを蹴ろう
※写真1 ここでボールを蹴ろう

写真2:ボールを蹴らないほうの足が軸足
※写真2 軸足とボール
●インサイドキックって何?(※写真1参照)
足の内側(インサイド)でボールを蹴ること。
ボールを当てる場所は※写真1をごらんください。
●特徴
長所:ボールとの足の接触面が広いため、正確性に優れている。
短所:強いボールを蹴るのが難しい。
●どんなときに使うの?
自分の思ったところに蹴れるので、パスで使うことが多く、試合中最も使われるキックです。
●どうすれば上手く蹴れるの?
足首を固定することが大切です。
●足首を固定するコツ
(1)つま先に力を入れて、上に向ける。
(2)かかとを押し出す
●軸足(※写真2参照)
ボールを蹴らないほうの足のことを軸足と言います。ボールを蹴る瞬間、一本足で立つ状態になって、軸となるからです。(右足で蹴る場合は左足、左足で蹴る場合は右足)
軸足はボールの真横に置きます。ボールとの間隔は大体、握りこぶし1個分ぐらいです。
つま先と膝を蹴りたい方向やパスしたい相手に向けて下さい。
●フォーム
まずは足の内側(インサイド)でボールを蹴ることから始め、それが出来たら軸足の向きや置くところに注意し、それも出来たら足首を固定するというように、すこしずつレベルアップを図りましょう。
1.蹴る方の足をゆっくり少し後に引く 2.ボールの真ん中にインサイドを当てる 3.そのままボールを押し出すように 4.足はそのままを流すように出す
まだよく分からない方、上手く蹴れない方etc…
ぜひ、お近くの施設の『個人参加プログラム』にご参加下さい。
ミズノフットサルプラザスタッフが基礎の基礎からお教え致します。

フットサルディクショナリーの目次へ


Copyright (C) 1999-2010 ミズノスポーツサービス All Rights Reserved.